二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 07/12

黒執事 Book of Circus 第1話「その執事、披露」感想

お屋敷の明暗がセバスチャンの表情と呼応するような演出で、ストーリーをよりいっそう盛り上げていました。

1期よりも明るく鮮明な色使いを感じたファントムハイヴ家のお屋敷内。
使用人たちが失敗を繰り返し、「やれやれ」と言葉をもらすセバスチャンのパートはとてもコミカルな感じでした。
一方、来客をおもてなしする晩餐の時を迎え、蝋燭の光に照らされた部屋や、シエルの寝室へと舞台が進むに連れ、
シリアスからシエルとセバスチャンの関係の核心に触れる、物語の深いところへ移行するに従い、場面の照明度合いも暗くなって行くという演出でした。

原作者様の脚本回ということで、初見の方にも良くわかる黒執事というストーリーでしたが、お屋敷内の明暗をそれに合わていく演出が展開を盛り立て、今後の作品に対してとても期待を持たせてくれるものだったと思います。
なにより、それがセバスチャンの心の動きや表情に呼応しているのも感じられ、彼の一度閉じた目が再び赤く見開かれる瞬間や、シエルに向ける優しいような彼ならではの視線の行方に、世界観を凝縮したものを感じさせることに繋がっていたと感じました。

だから最初はあんなに明るい室内だったのかと、見終わったあとに、なるほどと思う演出がされていたと思いましたが、
シャンパングラスのパートの美しさもふくめ、全編を通して考えられたいい演出でしたね。これは期待してしまいます。

20140712105006895.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
ファントムハイヴ家執事・セバスチャンの朝は早い。
多忙な若き主人・シエルが快適に過ごせるよう全てを尽くす。それが執事の美学。
ある日、シエルの仕事仲間の劉(ラウ)とともに、ファントムハイヴ家に来客が。
セバスチャンは最高のおもてなしをすべく準備にとりかかるが、ドジな使用人たちは失敗続きで…。
今日もまた、ファントムハイヴ家の日常が始まる─。

20140712105005607.jpg

見事でどこか面白みも感じる、見事な伏線回収でした。
美麗でシエルにまつわる悲しいことも含まれていたオープニング。
そして、サーカス編への導入がいい感じですね。


レデース&ジェントルマン!
お嬢さん&旦那はーん!!
Book of Circus編が始まりました。
PV見て宮野さんの演技にめちゃ期待しています。
今回はおもに演出面について思うところを書きましたが、楽しんで色んな方向からレビューしていきたいと思います。


http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2527.html
関連記事

この記事と関連する記事

黒執事 Book of Circus 第1話「その執事、披露」感想

黒執事3期

スレッドテーマ : 黒執事 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(1)

AFTER「アルドノア・ゼロ 第2話「地球の一番長い日 -Beyond the Horizon-」感想

BEFORE「ペルソナ4 ザ・ゴールデン 第1話「THE GOLDEN DAYS」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 「移動サーカス ノアの方舟一座のお出ましだ」 女王からシエルに届いたサーカスのチケット 黒執事3期スタート!   【第1話 あらすじ】 ファントムハイヴ家執事・セバスチャンの朝は早い。 多忙な若き主人・シエルが快適に過ごせるよう全てを尽くす。それが執事の美学。ある日、シエルの仕事仲間の劉(ラウ)とともに、ファントムハイヴ家に来客が。セバスチャンは最高のおもてなしをすべく準備にと...

    WONDER TIME 2014/07/12

Top