二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 07/20

ばらかもん 第3話「ひとんもち」感想

ギャグも走る!珠子も走る!劇画タッチも入って、目にも心にも楽しい回でした。

Aパートはタマ(珠子)のBLネタでしたね。
こんなに尺を取るとは思っていませんでしたが、予想以上にタマの反応が面白くて、神に試されているのか!?の名セリフにおもわず噴いてしまいました。

彼女の描く漫画の投稿先は、少年誌より月刊漫画ガロの方が向いている気もしますが、清舟にはどんなふうに見えたんでしょうか、
ヤバそうにササっと封筒に戻す彼は、書道意外はまるで普通の人だし、感想を聞いても仕方ないと思うのですが、
その書道で、18歳の人の作品より、自信作の評価が低かったことが、彼を悩ませることになりましたね。

20140720111005938.jpg

ババァ、泣かせやがって…。
実は良いひとだったパンチ、そしてヤスバァの話に目の前が開ける清舟でした。


自信作が次点となり、ショックからついタマや美和に荒い言葉を投げてしまった清舟。
元秘密基地に来たタイミングが悪かったと、彼女たちに気を使わせてしまって余計に落ち込む清舟だったが、なるの誘いで、新しい船を港に入れる祝いの餅まきに出かけて行きます。

そこで餅拾いの名人と言われる、ヤスバァとパンチに出会う清舟は、
意外に上ではなく下に活路があるとか、譲ることも時には道を開くというヤスバァの言葉に、彼も目の前が開けて、気分もずいぶん落ち着いたようですね。

狭い田舎の生活で、いろいろと引っ掻き回されることもありますが、実はパンチが餅を拾いにいけない人のために強引に餅をとっている良い人たったり、
都会育ちの青年が、年齢層の違う人たちから何かを得たりする、そんな島ぐらしの日常が見ていて心地よいですね。
そして毎回趣向を変えて楽しませてくれるのも、ばらかもんの面白いところだと思います。

20140720111007283.jpg

次回は、完全なスランプに陥った清舟に、美和の父親から何かを書いて欲しいと依頼がくるようです。
当然なるも大きく絡むようですが、さてどんなお話になるのか、楽しみにしています。


http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/07/brkmn-3.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/71903-01f5.html
関連記事

この記事と関連する記事

ばらかもん 第3話「ひとんもち」感想

ばらかもん

スレッドテーマ : ばらかもん ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(2)

AFTER「月刊少女野崎くん 第3話「バイオレンスVSプリンス」感想

BEFORE「アルドノア・ゼロ 第3話「戦場の少年たち -The Children's Echelon-」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第3話 ひとんもち 公式サイトからタマには誰にも言っていない“ある秘密”があった。そのことが半田にばれて島中の噂になったら大変なことになる!中学生女子の妄想は膨れ上がり、今にも破裂寸前!一方、半田清舟は書展の結果が惜しくも準賞で、大賞を逃してしまう。ひどく落ち込み自暴自棄になる半田に、なるは「もちひろいに行こう」と誘う。 新品の船を海に下ろす際に船から餅をバラまく行事。半田がその行事から得た...

    ぬる~くまったりと 2014/07/21
  • 二位じゃだめなんですか! 一位と二位の差はでかいわ。 更に一位が18歳とか…キツイだろうなぁ。 純粋な才能にやられたか。 ・変な言葉覚えるなw 「うーんマンダム」ってうちらでも殆ど知らんぞw 昭和な言葉を覚えさせ、そして「あけくち」を「アケロ」と覚えさせるとかww ちゃんと訂正してやれよ! ・腐ってるよ! 腐女子は否定から入るよな…。 アンチは嫌うから知識が多くな...

    制限時間の残量観察 2014/07/20

Top