二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 09/19

グラスリップ 第12話「花火(再び)」感想

20140919031305962.jpg

透子の方が駆に惚れてますね。
彼女の能力は、それを彼に伝えることを望んでいると思います。


引っ越してきたのは駆だったし、舞台となっている町に冬の花火大会はないはずなので、透子が見ている幻想の世界だとすぐにわかりますね。
そしてやなぎと雪或、幸と祐が以前よりもお互いの気持ちに向き合い、関係を深めていることを透子はあまり知らないはずですから、彼らについては透子のこうあって欲しいという願望の投影であったと思います。

しかし透子自身については、駆と入れ替わったような設定で、彼の当たり前の孤独を身を持って体験しているような感じでした。
そして前々回から雪は彼女の恋と駆の彼女に対する気持ちへの不安が表されたものと見てきましたが、駆が町を出て行くかもしれないと透子に告げた時点から、町を覆うほどの規模になり、不安から別れへの絶望感にパワーアップしたと思いました。

ここまで駆は能力つながりで透子を運命の人として求めてはいても、肝心な好きという意思表示に霧がかかっているようで、美術室のキスも好きだからしたのかな?とかえって透子を混乱させる一因にもなったと思います。
そして透子の彼の気持ちに対する不安は、ここにきてとめどなく大きくなっていきましたね。

そして能力に透子が飲み込まれてしまった感じですが、さて恋とは相手の気持ちに応えてするものなんでしょうか。
駆の気持ちより、本当は透子自身の気持ちや、どうしたいかが大切だと思うのです。
そのためにこそ、彼女の能力が働いたように感じました。

20140919031305377.jpg

幸ちゃんはじめ女の子たちの透明感溢れる肌がいかにも北陸美人という感じ、綺麗で可愛いです。

20140919031304100.jpg

幻想の中、やなぎたちから突然知らない人にされてしまった透子。
駆の孤独の追体験以上に、透子が自分の気持ちをさらけ出していない意味の方が強かったと思います。


駆君は私のことを好きなの?ばかりで、肝心な彼女自身の彼に対する気持ちを、周りからそうなんだろうと思われるばかりで、ここまでやなぎや幸に相談したりは全く無かったですね。

そして透子が1人で思い悩んでいるだけで、友達にその気持ちを明かしたりしてない、いわば殻に閉じこもっている状態が、みんなから知らない人扱いされるという幻想を産んだのだと思いました。

幻想の駆もやがて彼女から離れて行きましたが、それが透子の1番望んでいないことであり、
能力がいい加減自分の気持ちを表に出して、彼に伝えなければこうなるよって言っているように感じます。

駆が自分を好きかどうかじゃなく、透子が駆を十分に好きであること、その気持ちを伝えるのは今だと、彼女の心が能力を使って伝えてきてる、それが今回の幻想が起きたことの理由だと思いました。

これが恋かな~とかのんびりしてる場合じゃないですね、花火のように透子の恋心が弾けるのを期待しています。


TB : http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2934.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3851.html
関連記事

この記事と関連する記事

グラスリップ 第12話「花火(再び)」感想

グラスリップ

スレッドテーマ : グラスリップ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(5)

AFTER「残響のテロル 第10話「HELTER SKELTER」感想

BEFORE「まじもじるるも 第11話「結成★ガールズバンド」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 駆と透子、それぞれが伝えたい事・・・ グラスリップ (1) [Blu-ray](2014/10/01)深川芹亜、早見沙織 他商品詳細を見る

    新しい世界へ・・・ 2014/09/22
  • グラスリップ第12話感想。なんだこれ。今までで一番意味がわからいグラスリップ第12話。最終回直前に何がしたかったんだ…。

    あずきブログ 2014/09/19
  • 過去話かと思ったら夢の話だったでござるの巻(笑)  キャラの視点で見えるものと見えないものがあるって面白い演出でした。  透子の見る未来のカケラが何なのか…次回で解明できるのかな?w    東京から来た透子は駆と出会い… カゼミチの友人たちと花火大会を見に行こうと誘われるが…? これはカケラが見せた幻なのか。  

    空 と 夏 の 間 ... 2014/09/19
  • 第12話 花火(再び) 東京から転校してきた透子。父親がガラス工房を建てたので引っ越してきた。初めての引っ越し、雪の季節。慣れない雪で、転びそうな透子を助ける駆。4人が待つカゼミチに透子を連れてきた駆。今日は冬の花火大会で人が多い。日之出浜で打ち上げる花火を日之出神社で観賞するのが 昔からの習慣で、透子も誘われる。 美大志望の透子、高三で転校は大変かも。深見家を屋上に招待した沖倉家。一人で町...

    ぬる~くまったりと 2014/09/19
  • グラスリップの第12話を見ました。 第12話 花火(再び) 冬のある日、東京から転校することになった透子は駆と出会い、花火大会であることを知る。 カゼミチでやなぎ、幸、雪哉、祐を紹介してもらった透子は花火大会に誘ってもらうも、神社にやってきた4人は自分のことを何故か知らずにいた。 「やっと見つけた。会えないかと思った」 「あ、あの、私が見えるんですか?」 「携帯も...

    MAGI☆の日記 2014/09/19

Top