二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 10/10

四月は君の嘘 第1話「モノトーン / カラフル」感想

カラフルで優しいタッチの絵が多くて目に楽しい初回でした。

オープニングやかをりと子供たちが演奏するシーンは、優しさが煌めいている感じがして、とても良い雰囲気ですね。

そして椿の打ったボールが当たったり、偶然にもかをりのパンチラを撮って、公生が散々な目に遭うのはお約束なんでしょうか。
美しい場面と主人公の可哀想なシーンが上手く配置されていて、とても面白い初回だったと思います。

さて、お話の方は公生の初恋をメインに進んで行きそうですが、牽引役の椿、伸びやかな感じのかをり、正直というか女の子が大好きな亮太と、目の離せない人物たちが登場し、楽しくてハートフルな展開を見せてくれそうですね、とても楽しみに思います。

2014101006590646.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
11歳の秋、天才ピアニストと呼ばれていた有馬公生は、母の死をきっかけに突然ピアノが弾けなくなってしまう。
それ以来、彼の時間は止まったままだった。
そんな公生を気に掛ける幼なじみの少女・澤部椿は、公生をダブルデートに誘う。
同じく公生の幼なじみの渡亮太がとある女の子に会うことになっていた。
気が進まないながらも待ち合わせ場所に向かう公生。
彼はそこでピアニカを演奏する少女を目にする。
渡のことが好きだという少女の名は、宮園かをり。彼女はヴァイオリニストだった!

20141010065907339.jpg

公生を見守る椿ちゃんに好印象。
そして身代わりの早いかをりは、魅力とツッコミたくなる性格の同居する面白いヒロインですね。


亮太に会いたいという元々のかをりの希望で椿がセッティングしたんですから、亮太との出会いを喜ぶかをりの当然な反応ですが、その前がメルヘンしてたのでギャップに笑ってしまいました。

ピアノが弾けなくなった事を差し置いても、公生に不幸属性があるのは間違いないみたいですが、そのかをりに一目惚れしてしまったのもその属性の成せる技なのかもしれません。

そしてかをりはこれからヒロインとしての株が上がってくると思いますが、もっと身近に椿という女の子が自分を見てくれている事に公生は気づいてないんでしょうか。
元気があって素直そうな、こんなに良い娘なのに。
ということで、暫くは椿ちゃんを応援しながら見ていきたいと思います。

中学生の頃のようなきゅんきゅんしたり、ドキドキしたりする気持ちを思い出させてくれるのも期待したいですね。
四月は君の嘘、次回を楽しみに待ちたいと思います。
関連記事

この記事と関連する記事

四月は君の嘘 第1話「モノトーン / カラフル」感想

四月は君の嘘

スレッドテーマ : 四月は君の嘘 ジャンル : アニメ・コミック

(5)TB(4)

AFTER「SHIROBAKO 第1話「明日に向かって、えくそだすっ!」感想

BEFORE「棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第1話「遺体あつめる皇女」感想

COMMENT

  • No.199 No title

    こんばんは、私は原作を購入しているので話は知っているのですがこの作品も丁寧に作られていて良かったですね。1話からアニメオリジナルということは他の作品でもないと思いますが私は基本的にアニメで補足はあってもオリジナルは止めてほしいと思っているため安心しました。

    甘エビさんは原作を知っているのでしょうか?公生は不幸属性というかあらすじや1話をみても分かると思いますがトラウマ持ちなんですよね...そのトラウマがあるため明るい雰囲気の作品ですが暗い部分もあって面白いです。

    しかし、OPの出来が素晴らしかったですね。そこまで期待していませんでしたがOPをみてワクワクしました。ただ、公生と武士や絵見の関係が好きなので武士や絵見の動いている姿も見たかったです。

    四月は君の嘘とは関係ないですが東京レイヴンズの原作感想楽しみにしています。原作を読むといかにアニメがカットされていたのかが分かると思います。その分原作を楽しめるかもしれませんがw

    投稿者:エミマル 2014/10/10 (金) 22:40
  • No.201 エミマルさん、こんにちは。

    残念ながら四月は君の嘘は原作を読んだことがありせん。ですがPVの映像にとても良い雰囲気を感じて、どんなお話なのかなとたいへん興味がきました。

    さておき、引っ張りに引っ張ってしまっている「東京レイヴンズ」の原作の感想ですが、今9巻まで読み進んだところなので、もうしばらくお待ちください。
    ただ購入しないと読んだり見たりできないものを、ネタバレ豊富に書いて良いのかどうかでいつも迷っていて、そこの折り合いを自分なりに付けた上で書き始めることになると思います。

    投稿者:甘エビver.2 2014/10/11 (土) 08:20
  • No.202 No title

    こんにちは、原作未読でしたか。どこまでアニメでやるのか分かりませんが面白いのでぜひ観続けてください。あと前回のコメントで暗いとコメントしましたが暗いというより重い話でした。といってもどこまでやるのか分からないのでそこまで重い話にならないかもしれませんが...

    レイヴンズに関しては9巻までアニメでやっているので9巻まではそこまでネタバレは気にしなくていいのではないでしょうか?それでも気になるという場合にはアニメではカットされたところはネタバレなしにするか感想の前書きにネタバレありという注意書きをすればよいのではないかと思います。

    投稿者:エミマル 2014/10/11 (土) 16:18
  • No.203 No title

    はじめてコメントさせて頂きます。

    「四月は君の嘘」を放送開始前のPVを視て、
    あやねる(佐倉綾音さん)が出るといことで視てみたのですが、
    椿ちゃん、かわいいです。(みんな良いキャラ♪)

    共感者がいて嬉しいです!

    投稿者:刀史郎 2014/10/12 (日) 00:47
  • No.204 刀史郎さん、はじめまして。

    作画もカラフルで目を惹かれますが、PVの椿はとくに可愛く感じました。
    彼女が大きく元気に笑うところも好きです。
    そして2人のヒロインが、これからどんな表情を見せてくれるのか楽しみにしてます。

    投稿者:甘エビver.2 2014/10/12 (日) 06:35

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第1話 モノトーン/カラフル 公式サイトから11歳の秋、天才ピアニストと呼ばれていた有馬公生は、母の死をきっかけに突然ピアノが弾けなくなってしまう。それ以来、彼の時間は止まったままだった。 そんな公生を気に掛ける幼なじみの少女・澤部椿は、公生をダブルデートに誘う。同じく公生の幼なじみの渡亮太がとある女の子に会うことになっていた。気が進まないながらも待ち合わせ場所に向かう公生。彼はそこでピアニ...

    ぬる~くまったりと 2014/10/11
  • 音楽モノということもありますが、久々ノイタミナ作品と反りが合ったかな。 相変わらず木曜日は激戦区。 見る作品の時間がかぶってないのがせめてもの救い。 演奏シーンは力入ってて、のだめを思い出しますね。 恋路の方は亮太×かをりが遅かれ早かれ公生×かをりになりそう。 椿ちゃん穏やかじゃない? モノトーンになっちゃった自分の音楽観が、かをりちゃんとの出会いでカラフルに。 次回の...

    のらりんすけっち 2014/10/11
  • 演奏シーンが崩れるか否か。 ピアノとバイオリンの演奏を売りにしているらしいので、そこが崩れたら、お話も崩壊かな。 ノイタミナの音楽ものは、のだめ、アポロンと出来が良いので期待したいがはてさて。 ・天才も二十歳まで となる前に、ティーンエイジャーにすらなる前に自分で脱落か。 二年前ねぇ…譜面起こしでピアノ触る程度じゃ感覚取り戻すの大変そうだけど、その辺の葛藤とかやるの? 小学生...

    制限時間の残量観察 2014/10/10
  • 評価 ★★☆ 輝いてるぅ! シャイニー!               

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2014/10/10

Top