二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 11/14

SHIROBAKO 第6話「イデポン宮森 発動篇」感想

20141114091004809.jpg

好きだからこの仕事に進むのを選んだ。
そんな登場人物たちの想いが伝わってる良いお話でした。


瀬川さんはおいちゃんの女神でしたね。
作監の遠藤がイデポンを見て原画の仕事を目指したとあおいに話してくれたことから、モチベーションを上げて欲しい一心で彼にイデポン展のチケットを渡そうと、自宅まで訪ねて行きました。
太郎がその前にしつこくピンポンしていたので、遠藤はインターホンにも出ませんでしたが、偶然外から帰ってきた奥さんと会うことができて、チケットを渡すことができました。

その時に奥さんに仕事のことづけなど一切言わず、ただチケットを託して帰って行くあおいが印象的でしたね。
あおいらしいというか、それが逆に誠意や素の気持ちを伝えることになったんじゃないでしょうか。

イデポン展の会場でひとり待つあおいにとっては、彼が来てくれるかどうかの一発勝負でしたね。
心細そうに待つあおいが愛おしく思えるほどの演出でしたが、そこでばったり3D監督の下柳と出会い、遠藤と打ち解けて行く展開にウルウルしてきました。
これがイデポン宮森の意思だったんですね。味のある良いお話だったと思います。

新人声優のずかちゃんとベテラン声優さんのやりとりが、遠藤と下柳のお互いの仕事の良いところは認めあい吸収しようという歩み寄った気持ちとリンクしていて、アニメ制作現場の歩みをとても分かりやすく感じることができたと思います。

ずかちゃんにも何かしらのフラグが立っているようですが、それは後の楽しみということで、認められたり、したい仕事が巡ってくるまでの時を大切にするというベテラン声優さんの話は、なかなか良いお話でしたね。

逃亡犯から自ら折の中へ帰っていった木下監督がギャグ担当になってて笑えますが、いまだAパートの絵コンテしか描き上げてない彼の行く末、そしてえくそだすっ!最終話は無事完成するのか、次回も楽しみに待ちたいと思います。


20141114091005847.jpg

TB : http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3151.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3890.html
関連記事

この記事と関連する記事

SHIROBAKO 第6話「イデポン宮森 発動篇」感想

SHIROBAKO

スレッドテーマ : SHIROBAKO ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(4)

AFTER「四月は君の嘘 第6話「帰り道」感想

BEFORE「俺、ツインテールになります。第6話「完全開放!テイルイエロー」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • イデポンみゃーもり発動! ・・・したのかな(^^; それはさておき、初心の頃の気持ちを思い出すって大切なことですよ。 COLORFUL BOX / Animetic Love Letter(TVアニメ『SHIROBAKO』オープニング/エンディングテーマ)(初回限定盤)(2014/11/26)石田燿子、宮森あおい&安原絵麻&坂木しずか(cv.木村珠莉&佳村はるか&千菅春香)商品詳細を見る

    新しい世界へ・・・ 2014/11/19
  • SHIROBAKO 第6話『イデポン宮森 発動篇』 感想(画像付) ごねる遠藤を呼び戻したのはイデポンの力でした(笑) 3Dにしろ、2Dにしろ、アニメに関わってる人はアニメが好き。 同じ作品が好きということで和解できました。 監督の最終話の絵コンテは間に合うのか? 最後に修羅場が待ってそうw  

    空 と 夏 の 間 ... 2014/11/14
  • SHIROBAKO第6話です。 みゃーもり頑張りました! 第6話「イデポン宮森発動篇」 今回の1枚はこれかな。 みんなに制作の仕事が向いていると言われて照れているあおいちゃん。

    アニメなので 2014/11/14
  • 第六話 イデポン宮森 発動編 8話と9話の爆発が繋がらなくなる。大慌ての宮森にタローはようやく同じ土俵の上に 上ったと仲間が出来て嬉しそう。早速、本田デスクに状況を相談する宮森。どうしてもっと早く相談しないんだ、監督に相談だ。軟禁状態の監督は脱走、万策尽きた・・・。 制作進行の高橋は他社から引き抜きに誘われていた。もっと早く移れないか?アフレコ現場に現われた監督を見て最終話の絵コンテが 完成...

    ぬる~くまったりと 2014/11/14

Top