二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 12/21

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第11話「来訪者は軽やかに」感想

20141221081006265.jpg

押しかけ凛ちゃんさんだあああー!
ピシャ!!すかさず戸を閉める士郎に草不可避でした。
しかしアーチャーさん、何時の間に士郎の体調を知ったんですか?


ほほうお泊りセットをサーヴァントに運ばせて、凛ちゃんは何をしようと言うんでしょうか。
夜通しお説教でしょうか、しかしそのスカートの丈の短さは何ですか。
ハーレムと化した衞宮家で、さりげなく女の子主張する凛ちゃんが可愛いですね。
そして士郎も顔を赤らめていますよ、チャンスかもしれません。

一方セイバーさんも気持ち良さそうに眠っていますが、ポンデライオンの夢でも見てるんでしょうか。
夢の中の道場にブルマを履いた少女が、こっそり遊びにきてるのかもしれませんね。
バトルも無く、落ち着いた凛ちゃん曰く今後の事なんかを話し合うという日常会にニヤニヤしてしまいましたが、最後にアーチャーさんがやってきて全部掻っ攫っていった感じでした。

士郎の正義について、相変わらず鋭い言葉を突きつけて来るアーチャーですが、
何時の間にか士郎の体調を知っていたり、的確に治療してくれたりと士郎を好きすぎなんじゃないでしょうか。
そして2人の会話が、なんだか士郎の自問自答を見ているような感じもしますが、士郎がムキになってアーチャーの言葉を否定するのは、一番痛いところというか、頑なでありたいところをツンツン突いてくるからなんでしょうね。

それだけアーチャーが士郎の事を思い、彼の事をわかっているという裏返しだと見ていますが、魔術師として、戦士として成長しつつある士郎がこれからどうなって行くのか気になるところです。
そして次回はいよいよワンクール目の締めの舞台となる、柳桐寺への正面切っての攻撃が始まるようですね。
先ずは小次郎との約束の戦いに期待しつつ、次回を待ちたいと思います。


20141221081008149.jpg

TB 藍麦のああなんだかなぁ : Fate/stay night [Unlimited Blade Works] ♯11「来訪者は軽やかに」
関連記事

この記事と関連する記事

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第11話「来訪者は軽やかに」感想

Fate/staynight

スレッドテーマ : Fate/stay night ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(5)

AFTER「天体のメソッド 第12話「円盤のない街」感想

BEFORE「魔弾の王と戦姫 第12話「聖窟宮(サングロエル)」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • いつまでたっても、英字関係のためかTBがはじかれることが多いFate/stay

    藍麦のああなんだかなぁ 2014/12/23
  • 投稿者・ピッコロ ideal white(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2014/10/22)綾野ましろ商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ...

    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2014/12/22
  • 第11話 来訪者は軽やかに 帰った士郎とセイバー。夜中は魔術回路が痛む士郎。朝には痛みは引いていたが半身が麻痺している。 葛木先生は休みで代わりに大河が英語の小テスト。凛との打ち合わせもすっぽかして帰る士郎。セイバーにランチの準備をするが皿を割ってしまう。来客者が訪れる、凛だった。定時連絡をすっぽかしたと怒っていた。ランチの準備中の士郎に丁度食べていないから良いと 上がり込む凛。 セイバーと...

    ぬる~くまったりと 2014/12/21
  • 評価 ★★★ アーチャー「閉じていたものを開いただけ」(意味深)         

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2014/12/21
  • Fate/stay night [UBW] 第11話『来訪者は軽やかに』 感想(画像付)   人助けの果てには何もない。 結局、他人も自分も救えない、偽りのような人生だ。 無関心なようで士郎の面倒をたびたび見るアーチャーの兄貴。 今回もカッコイイ台詞多いですね(笑)  

    空 と 夏 の 間 ... 2014/12/21

Top