二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 12/31

東京レイヴンズ8 over-cry 感想

本心をぶつけ合い関係を修復した夏目と京子が可愛かったです。

鈴鹿が強烈な言い回しで京子を慰めたり、夏目と二人、お互いの本心をぶつけ合って関係を修復して行くのが良かったです。
そして北斗を操っていたのが自分だと、春虎に告げる事を夏目は京子に言われてしまいますが、ずっとそれを抱えていた夏目にとってはいい機会かもしれないですね。
土御門の家で男の子に会ったと京子に言われて、遅ればせながら事態の中心が自分だと気づくにぶちんの春虎君が恋の相手なので、先の読めない恋のお話ですが、ともあれ夏目が決心したのは良かったと思いました。

鈴鹿も含めて三人のヒロインの持ち味がよく出ていたし、中でも京子の1人の女の子としての姿をたくさん知ることができた前半だったと思います。
これで仲間たちのそれぞれの掘り下げがひとまず完了した感じですが、同時にストーリーが大きくアクセルを踏み出す場が整ったともいえるんじゃないでしょうか。
実際、予想を上回る急展開が待っていた後半でしたね。

☆夏目の正体がバレた。京子は夏目たちを避けつづけていた。
また、シェイバとの戦い以降、覚醒した力を抑えきれない春虎に、コンも心配の色を隠せずにいた。
そんな折り、土御門宗家が何者かに襲撃される事件が起きーー!?

感想 : 明かされて行く真実と、土御門のしきたりに従ってきた夏目さんを思うと泣けてきてしまいます。

春虎が夜光の生まれ変わりである事が確定した8巻でしたが、春虎と夏目を入れ替えて泰純たち大人は何をしようとしたんでしょうね。
しきたりを夏目に守らせ、夜光の生まれ変わりである春虎を守るだけだったとは俄かには思えないですね。
と云うのも、秋葉のラムちゃんこと千鶴さんや、彼女の夫で泰純の式神である鷹寛、そして泰純本人も泰純の星読みと子供を想う親の心を元にそうした入れ替えをしたと思うからです。

転生者であったとしても、春虎という新たな命と自ら選ぶ人生があるのは間違いなく、当然夏目にも同じことが言えますね。
そしてもっと核心に迫れば、夜光が泰山府君祭を行った真の目的が相馬や倉橋が考えている目的と明らかに異なるからだと考えられます。
だからこそ春虎を、転生者を、彼らの目から隠そうとしたんだと思います。

ただその大人たちの決断に巻き込まれ、小さい頃からしきたりだからと制約の中で成長してきた夏目は、いったいどこで救われるんでしょうか。
相馬多軌子の思惑によって、暴走した春虎を止める夏目にただ目が潤むばかりです。
アニメ版を見たので、このあと夏目がどうなってしまうのか分かっていますが、悲しすぎる春虎への彼女の告白に、原作読者さんたちがどんな想いで次巻を待ったのか、想像するに難くないですね。

夜光が転生するために行ったと思われている泰山府君祭で、真に何をしようとしたのか、そこが春虎と夏目の運命をしあわせに導く鍵だと信じつつ、これからも読み進めて行こうと思います。
バトルに派手さはない巻でしたが、京子の掘り下げ、明かされる真実と大人たちのそれぞれの思惑に驚きながらも主人公二人の未来を想い、そして急展開に飲み込まれるような面白さに満ちた8巻でした。
関連記事

この記事と関連する記事

東京レイヴンズ8 over-cry 感想

東京レイヴンズ

(2)TB(0)

AFTER「[アニメ] Tales of Zestiria 〜導師の夜明け〜 感想

BEFORE「神撃のバハムート GENESIS 第12話「Rage of Bahamut」感想

COMMENT

  • No.236 No title

    こんにちは、8巻のラストは反則ですよね。先が気になるのもそうですが「えっ、うそでしょ?夏目ってヒロインじゃないの?」って感じでしたよ。

    この辺りもアニメはもう少し丁寧にやれば面白くなったと思うんですよね。春虎の状態が不安定になったことや夏目と京子の関係など。今までのカットが多すぎてそれどころじゃなかったのかもしれませんけどね。

    今年はこの記事がラストですかね?今年は大変お世話になりました。来年も更新楽しみにしていますのでよろしくお願いします。ゼスティリアのアニメは序章って感じでしたがやはりufo制作なだけあってとてもきれいな映像でした。

    投稿者:エミマル 2014/12/31 (水) 17:01
  • No.237 エミマルさん、こんばんは。

    夏目のヒロイン力がグングン上昇した先にあの展開と次巻に続くは凄いというか、読者には堪らない感じになってましたね。

    投稿者:甘エビ 2014/12/31 (水) 21:47

MESSAGE

非公開コメント

Top