二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 01/07

ユリ熊嵐 第1話「私はスキをあきらめない」感想

20150106111406318.jpg

断絶の壁の外側の方が現実世界っぽく思える。
壁作って守られてる人たちは外側に出るべきだと感じた。


そこは人をゴリゴリ食べる熊サイドなので、行った途端にガウ被害に会いそうな気もしますが、それでも囲まれた世界でお行儀良く生きて、レールの敷かれたそれ相応の未来を生きるよりは面白いと思う。
おそらく断絶の壁と云うのは、まさしくいろんな事から、不条理な現実から守られた居心地の良さげな世界へのアンチテーゼを可視化したものではないかと感じた。

個人的には田舎育ちで熊が大好きなので、人を食うという設定はキライだが、可愛い女の子に変身する萌えなクマが、壁の中で成長した人々をゴリゴリ食べるのはギャップがあって、壁の外の現実にガーンとショックを受ける落差を非常に際立たせるのに一役買っていて、面白いと思います。

かつてウテナで影絵少女と云うのがあったけど、監督へのインタビューではそれが本編という話が出た記憶があるが、初回の締めでクマ少女が一瞬シルエットとして映し出されるカットに、その事を思い出したりしました。

そうした記憶をたよりに初回を見直してみると、物語のポイントとなるのは、食われた女の子でもなく、その子が好きだと言う女の子でもなく、クマたちすらも主役ではなく、壁の外と内側の差異、厳しい現実と守られた世界の間でこれから何がユリ少女とクマたちに起こるのかが視聴のポイントになってきそうだと思いました。

ひょっとしたら、透明な嵐がヒロインになるんじゃないかと頭を抱えつつ、次回を見てみようと思います。
エロい絵のパートはあまり期待してませんが、シナを作るクマは可愛いなと思いました。


20150106111405100.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

ユリ熊嵐 第1話「私はスキをあきらめない」感想

ユリ熊嵐

スレッドテーマ : ユリ熊嵐 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(1)

AFTER「SHIROBAKO 第13話「好きな雲って何ですか?」感想

BEFORE「[アニメ] Tales of Zestiria 〜導師の夜明け〜 感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • Episode 01 私はスキをあきらめない 公式サイトから宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発。何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し人類に襲いかかり、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ互いに不可侵な状態となった。嵐が丘学園の生徒、椿輝紅羽(つばきくれは)と泉乃純花(いずみのすみか)が、二人きりで花壇に咲いた百合の花を見ていた。二人は『友だち』であり【 恋人 】。見つめ合う...

    ぬる~くまったりと 2015/01/07

Top