二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 02/23

僕は友達が少ないNEXT 第5話「そんな遊びはいけません!~君がいると世界観が乱れる~」感想

20130223091606378.jpg
わからない何故延々と乙女ゲーをする夜空を見せられるのか
わからないです( ´ ▽ ` )
前回女の子バレをした幸村に執事服を着せて おそらく小鷹に他の女の子を近づき難くするという以前からの夜空の狙いが 今回さらに裏目に出てしまった導入は ことさら残念で良かったのだが………
乙女ゲーのシーンがあんなに長かったのはどうしてだろうか?
20130223092009271.jpg
今回の感想はあらすじ少なめで考察っぽく(#^.^#)
夜空といえば1期で髪を切ったところにウルウルとさせられ
夜空って可愛いなと思ったことがあります
しかし全体的には あくまで主観ですが 肉に敵対心剥き出しだったり なんか企んでることが多く目に付いて
女の子としての素の部分の描写が 出て来てはいても 少なかった印象があります
時折見せる彼女のハニカミや純朴で不器用なところは可愛いのですが ちょっともったいないと思っています

というところで今回は乙女ゲーをする夜空の様子を通して 彼女に対してもう一歩踏み出して描かれたのではと考えてみました
恋愛のゲームなのにステータスアップに勤しむところからは
思い人以外は眼中に入らず 人間関係も思い人を中心に構築されてしまうタイプであることが伺えます
これは小鷹が いかに彼女の世界の中心であるかを物語っていると思います
そしてゲームの終盤からは 実は言いたいことが伝えられない不器用な女の子で
周りに自分の恋愛に対する味方も作れず 純朴すぎて損をしてしまうのかなと…

そう考えると2期は隣人部の本来の目的・友達作りよりも 恋愛に対するウェートが高くなったのかもしれません
しかし当の小鷹はあくまで友達作りが恋愛よりも先ということですから
この先お話がどちらの方面へ転がり 小鷹がどう巻き込まれていくのか楽しみです
2期は原作者様もシリーズ構成に参加されていますから
ひょっとしたら最新巻の内容や その先も描かれる可能性もあるかもと期待してしまいます

いずれにしても今回で 夜空に対してより理解が深まることになり おそらく2期の山場にそれが効いてくるのではないかと思いました
そのための乙女ゲーとタイムマシンだったと
20130223091810330.jpg
理科の賢者タイムは置いておくとして 彼女も2期ではずいぶん可愛く描かれることが増えて良かった
理科は小鷹のタイプ(外見的に)だし 可愛い理科が表紙を飾る原作の巻もありますね

今回は理科発明のタイムマシン 実は見たい夢を見れる装置を小鷹が被り 10年前の夜空との夢を見ることになります
この夢の中で 小鷹は夜空に 突然の別れの原因となった引越しのこと
そして10年後に夜空の前に帰ってくることを伝えることができたのだったが
「実は忘れていた」
「顔も思い出せなかった」
ことを小鷹は心の中で謝っています
このことを小鷹は声にだして夜空に伝える日はくるのでしょうか もし伝えたとしたら二人に何が訪れるのか気になるところです
シリーズ当初からのこの小鷹の思いは度々思いおこされることがあり
そういった意味で ヒロインはやっぱり夜空なんだなと個人的に思っています
「え!あんたメインヒロインだったの!?」あー 聞こえない( ´ ▽ ` )聞こえない

さて10年前に小鷹が夜空と友達だったことを隣人部のメンバーが知ってしまったところで次回へ
つっこまれるのかな((((;゚Д゚)))))))みんなに…

姉妹ブログの関連するところへパスワードが必要です
関連記事

この記事と関連する記事

僕は友達が少ないNEXT 第5話「そんな遊びはいけません!~君がいると世界観が乱れる~」感想

スレッドテーマ : 僕は友達が少ない ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」感想

BEFORE「D.C.III~ダ・カーポIII~ 第5話「ひとりじゃないところ」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top